病院のご案内

独立行政法人国立病院機構青森病院
院長 髙田 博仁

 国立病院機構青森病院のホームページにおいでいただきありがとうございます。

 国立病院機構青森病院は、本邦の政策医療ニーズを担い、患者さまの診療を行っている病院です。
昭和15年の創立以来、昭和47年の国立青森療養所と国立療養所臨浦園との統合、平成14年の国立療養所青森病院と国立療養所岩木病院との統合を経て、時代に応じ、対象となる疾患は変化を遂げてきていますが、政策医療を担うという役割は変わらず与えられ続けているところです。平成16年には独立行政法人化され、新たな理念とともに、筋ジストロフィーや神経難病を中心とする神経筋疾患、重症心身障害、結核をはじめとする政策医療、および、地域の一般医療に取り組んでおります。 筋ジストロフィーの診療においては青森県の中心的役割を果たし、筋萎縮側索硬化症や多系統萎縮症などの神経難病の慢性期診療に力を入れ、パーキンソン病に対する脳外科的治療も実践しています。医療を要する重症心身障害の患者さまの砦であり、通園事業を実施、さらには、発達障害の患者さまの診療も行っております。

 当院の理念は、患者さまを中心にすえて、誠実な診療とともに医療者の教育、医療の進歩に必要な臨床研究を絶えず行い、あらゆる角度から見て健全といえる運営をしていくことです。我々の歩みは、遅々としてはいるもの、日々、この理念を胸にもって、すべての職種がチームワークよく明るく元気に一体として患者さまに向かう努力を積み重ねていきたいと考えています。

 おかげさまで、平成26年4月、患者さま、職員の長年の夢でありました新病棟の建て替えがかない、さらに、平成30年8月には、新しい外来診療棟が整備されました。職員一同、新たな気持ちで、病院の理念達成の気持ちを強くして励んでまいります。
今後とも、よろしくご指導、ご鞭撻のほどお願い申し上げます。

 

メニュー一覧