地域医療連携室このページを印刷する - 地域医療連携室

地域の医療機関、福祉施設、その他関係機関との連携を深め、各種の医療サービスの提供を充実するために、関係機関との窓口として地域医療連携室を設置しています。

お問い合わせ

国立病院機構 青森病院 地域医療連携室(内線:5584、5560、1134)
電話:0172-62-4055
FAX:0172-62-7534 (地域医療連携室直通)

外来受診サポート

電話やFAXによる地域医療機関との連携により、患者様ご紹介手続きが円滑に進められるように支援しています。

  1. ご紹介をいただく場合は、地域医療連携室にお電話をいただくか、または「診療依頼書」に必要事項をご記入いただき、FAXにてご送信ください。
  2. 日程調整の上、折り返し受信予約票をFAXにて医療機関様へお送りします。
  3. 患者様に、紹介状と共に受信予約票をお渡し下さい。
  4. 患者様が当院を受信しましたら、受信のご報告をいたします。
  5. その後、詳しいご返事を医師の報告書として郵送させていただきます。

入退院サポート

 入院に関するご相談や調整、退院後の生活など、患者様が安心して医療を受けていただけるように、専門のスタッフが入院・退院支援を行っています。
 医療機関からのご紹介の場合は、当院に入院予定となった患者様の日程調整を行います。神経・筋疾患などで入院待ちとなっている患者様に対しては、入院後スムーズに環境に慣れ治療に専念していただけるように、事前に患者様の状況をお伺いしております。
 また、退院が近づきましたら、院内外職員・地域の支援機関や関係機関と連携を図り、患者様、ご家族に対し退院に向けての各種の支援をいたします。

医療福祉相談

 一旦病気にかかると、病気そのものへの不安の他にも、日常生活面での様々な問題が生じ、不安を抱えることが多いかと思います。ご自身やご家族の力で解決できればよいのですが、中にはなかなか解決が難しい問題のこともあります。
 療養に関する不安、医療費や生活費のご心配、福祉制度のことなど療養に伴う生活問題全般について、社会福祉の専門職であるソーシャルワーカー(社会福祉士、精神保健福祉士)が、個別にご相談に応じています。問題を整理し、解決方法についてご一緒に考えていきたいと思います。
ご遠慮なくご相談ください。

高額医療機器の共同利用

 地域医療連携の一環として、当院が保有している高額医療機器(CT装置およびMRI装置、骨密度測定検査)について、地域の先生方から検査依頼にも対応できる体制を整備し患者様の診療にお役立ていただいております。
 ご依頼があったCT・MRI検査に関しましては、画像診療専門医がレポートを作成し、撮影した画像(CD-R)とともにご依頼元の先生にお返ししております。

学習会・研修会へのお誘い

 これまで当院では、様々な病気に伴う療養上の課題について、院内研修会の形で年間約20回の研修を計画・実施して参りました。ここ数年、地域の福祉施設・学校などからのご要望もあり、病気に対する理解や支援力を高めるために院外向けに研修会を計画し、ご参加のお誘いをしております。
 それぞれの研修会が非常に実践的な内容となっておりますので、地域医療連携室からご案内の折には、ぜひ参加をご検討いただければ幸いです。

広報活動

 当院の医療サービスの内容や取り組みについて、地域の医療機関や関係機関、地域住民の皆様に知っていただき、当院を有効にご活用いただけるよう、広報誌の発行、関係機関の訪問、地域活動により広報活動を行っています。

筋ジストロフィー市民公開講座

 筋ジストロフィー医療の向上のため、広く、市民の方々、患者様、ご家族、医療・福祉・教育関係者の方などを対象に市民講座を行っております。